お母さんの生年月日にあげるフラワーギフト

いつもお世話をしていただけるお母さんへ「バースデープレゼントを贈ろう!」と思った時、何をプレゼントするべきか悩みますよね。
毎年のためマンネリしてきて、おんなじものばかり贈ってしまう。
高め物をプレゼントして遠慮されてしまった。
プレゼント選びに悩む方も少なくありません。
そんな時に最適なのが「お花」のギフトだ。
お花を貰って嫌がる女性は居ませんよね。
枯れてしまうのがなんとなく・・・ということなら、生花ではなくプリザードブドフラワーという方法もあります。
今回はこんな「フラワーギフト」について調べてみましょう。

一般的な「お花」といえば、お花屋さんで作ってできる花束。
ショーケースには様々な色や形のお花が並びます。
お願いするときは事前にお母さんの好みの花や色をリサーチしておくのがベスト。
鮮やかな色がお好みのお母さんには赤や黄色のバラ、ひまわりなんかもいいですね。
控え目な色がお好みなら淡い色のガーベラに真っ白なかすみ草なんかを合わせても。
お花屋さんに予算を伝えれば、その範囲内で作って貰えますよ。

ところで、お花にはそれぞれ「花言葉」があるのをご存知ですか?
例えば「バラ」には「愛」と「美」の意味が秘められている。
花の色やつぼみ、トゲにもそれぞれ花言葉があり、すべてのお花の中で最も多い意味がいるそう。
昔から大切な人に気持ちを告げるお花として用いられていました。
赤いバラ:「あなたをかわいがりてます」
白いバラ:「私はあなたに望ましい」
青いバラ:「夢が叶う」
愛を込めて花束を贈り、花言葉を教えてあげてもいいかもしれません。

その他にもメジャーなのが「プリザーブドフラワー」は。
生花を長期間丸ごと観賞できるように加工された新しいタイプのフラワーギフトだ。
毎日の水やりやお手入れの必要がなく、気を遣わせないのがポイント。
手間がかかる分、お値段は生花よりもある程度お高めとなっていますが、何年も鑑賞することが出来ます。
甘いフレームやケースに入った物が多くもっぱら彩ることが出来るので、ご年配のお母さんには嬉しいですよね。
こちらもお花屋さんの他、インターネットでも購入することが出来ます。

愛らしいお花には「妖精」が宿るそうです。
そしていつの間にか私たちの疲労を吸い取って得る。
だからこそ眺めているだけで癒されるのですね。
毎日始めるお母さんに、できるだけお花のプレゼントを通してみてはいかがでしょうか。www.sliderules.org.uk