スポーツ観戦大好きな父に送る

やっと2020年7月24日より開催される東京オリンピック!そういった世界的なビックイベント開催国となった日本にはかなりの外人も押し寄せ会場はなかなか燃えるであろう。
そういうスポーツ観戦博士の七つ道具の一つに双眼鏡があります。
無論オリンピックやプロ野球、サッカーなどで選手の動きをスコープ越しに超至近で見渡せるだけでなくコンサートや野や山での野鳥観察(バードウォッチング)に人間観察?(これは打ち切るほうが身につきだ。)や景色や風景の観察など肉眼では取り敢えず探る事の出来ない世界をずいぶん真近で見せてくれるのが双眼鏡の優れたところではないでしょうか。
そういう双眼鏡ですが実は我々父親世代にとっては昔の憧れだったようです。それは戦争映画などで軍艦の司令塔から艦長が双眼鏡で適を視認やる眩しいイメージが残っているからかもしれませんが父達の世代はあんな艦長みたいな気分に浸りながら海を眺めて確かめるのもロマンの要因のひとつではないでしょうか。
そういった双眼鏡なのですが値段も機能もピンからキリまであるのですが最初に興味が湧いたのが光学10倍に誠にデジタル録画機能を持たせた優れ物!謳い文句はズームで見たビックリ、決定的瞬間をその場で録画撮影可能との事。それは著しいとして食いつきかけたけどいよいよ使った人の評価は余り旨くないようで辞めました。しかもそんなに著しい物がわずか5000円程度と安価な訳ありませんしね。
(美味い話は裏がある)しかも製造が国産では無くお近くの爆買いの国との事なので、すぐに壊れそうで不安の方が先に募り謹んで辞退させて頂きました…そんな事で最後に決めたのが超高倍率で高性能!しかも国産(ナシカ)で5年間の保証付に加え別に三脚(これは爆買いの国が製造)余計折り畳み式スポーツ双眼鏡(これも爆買いの国が製造)もダブルで付いて来るという望ましいセットだ。
そして何よりもすごい事は最大110倍までズーム可能と来たら父は興味津々で子供のように喜ぶに違いありません。
それって冷静に考えれば1000m(1KM)先の物が10メートル以内に言えるという事ですよね?つまり東京スカイツリーの最上部(約600m付近)から下界を滑る車の車種まで特定でき街をあるく美人な人も捜しあてる事も可能なのかもしれません。
それが税込、送料込で12000円程度で買えるでしたらお調子者の父へのプレゼントに最適かもしれませんが二度とよろしい歳こいて大笑い用途に使わないよう忠告する事もお忘れなく。http://www.lifteco.cz/