ユニクロのレディース水着

ユニクロといえば、低価格・ハイクオリティー・高性能の三拍子揃った日本のファストファッションを代表するブランドだ。
海外の著名なデザイナーと積極的にコラボレーションもしてあり、2018年を例にすると、水着・ビーチウェアでは「PRINCESSE tam.tam(プリンセス タム・タム)」「Uniqlo U(ユニクロ ユー)」、そして「tomas maier and uniqlo(トーマス マイヤー アンド ユニクロ)」の3つのラインナップがありました。
それぞれテイストが異なるものの、いずれもユニクロ価格で販売されており、ブラが1,990円、ショーツが990円で、どのコレクションもブラとショーツが別売りにつき、独自のコーディネートを楽しめます。

PRINCESSE tam.tam(プリンセス タム・タム)は、フランスのランジェリーブランド「プリンセス タム・タム」とのコラボですが、ランジェリーブランドだけあってシルエットの美しさが魅力です。
取り外せるストラップで着こなしの幅が広がるスイムバンドゥブラ、うしろのリボンが甘いホルターネックブラ、モダンなハイネックブラ。そしてショーツは、浅履きタイプのスイムショーツと、ヒップハンガータイプのショーツがあります。

クリストフ・ルメール集めるチームによるUniqlo U(ユニクロユー)の水着は、夏の日差しに映えるアースカラーとコンフォータブルな着心地が特徴です。
スイムブラは縫い目の少ないデザインで爽やか着心地なうえ、Vカットが胸元をきれいに見せます。バンドゥブラはストレッチ性が厳しく、ずり落ち難くストラップの取り外しが可能になっていて2wayの着こなしが楽しめます。
またワンピースは肩が著しく生まれるレーサーバックデザインで、UVカット機能も付いています。

tomas maier and uniqlo(トーマス マイヤー アンド ユニクロ)は、トーマス・マイヤーとのコラボ水着で、素材や使い勝手にこだわったシンプルで上質な水着が揃います。
トライアングルブラはトーマス・マイヤーのシンボルでもある椰子の木プリントのブラで、パープルとオレンジを展開してある。サイドの紐が可愛いショーツはブラとお揃いも、別々にしてもおしゃれだ。

このようにユニクロの水着は、カワイイ価格、使い勝手など有難いポイント満載です。どうしてもチェックしてみてください。http://www.globalthehague.nl